重本コンサルティングオフィス
人事に関する制度設計、労務管理の実務やトラブル対応へのアドバイス、各種セミナーなどを通じて、
社員のヤル気を高める職場づくりを実現します。

〒152-0001 東京都目黒区中央町2-1-3-401
TEL:03-3793-2507 FAX:03-3793-2507
 
2020/10/11

連合の労働相談Q&A

 
 日本労働組合総連合会のサイトに「労働相談Q&A」というのがある。「最低賃金」、「法定労働時間」、「年次有給休暇」、「解雇」「育児休業・介護休業」、「いじめ、パワー・ハラスメント」など、44項目のQ&Aが掲載されている。

 よくある相談がコンパクトにまとめられており、法令や通達に基づく解釈だけでなく、当該テーマに関する主要な判例を示している点も役立つ。

 また、「業務上のミスに対する損害賠償責任」「退職の自由」「パートタイム労働者の税金」といった労働法以外の実務的なテーマを扱っている点もよい。筆者も労働相談に携わったことがあるが、これらは比較的多い相談だった。

 ただ、全体に法律の解説が主となるので、労働法に一定の理解のある人がポイントを確認するのには適切だが、一般の労働者にはわかりづらいかもしれない。

 また、ピンポイントで質問に回答するというよりは、そのテーマに関する全体的な概要を説明する形式なっているので、Q&Aとしてややもどかしい面もある。

 たとえば、裁量労働制に関し、「残業をしても裁量労働を理由に残業代を支給してくれない」というデザイナーからの質問に、裁量労働制の対象業務や導入手続きなど、制度の概要を中心に説明しており、質問と解説のズレからモヤモヤ感が残る。まあ、その辺はよくある質問への一般的な回答として、総括的、網羅的にならざるを得ないのかもしれない。また、相談を受ける側の組合を利用者に想定しているのかもしれない。

 このように実践的かといえば少し首をかしげざるを得ないものの、ネットで簡単に確認できるQAとして、それなりに重宝するのは確かである。たとえば、個人はもちろん職場や労働組合で、基本的な労働法知識を学ぶ際のツールとして活用すれば利用価値は高いと思う。さきほど質問と解説にズレがあることを指摘したが、結局のところ適切な回答は何かを考えるのも、いい勉強になるのではないだろうか。    
 

 過去記事は⇒ミニコラムもご参照ください。
 お問い合わせは⇒お問い合わせフォームをご利用ください。

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
 


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています。

 
最新記事
月別アーカイブ





代表者:重本 由宇
経済産業省登録:中小企業診断士
社会保険労務士(有資格者)


〒152-0001
東京都目黒区中央町
2-1-3-401

TEL:03-3793-2507
FAX:03-3793-2507
MAIL:
sgmt@mx6.nisiq.net



 お問い合わせ 


お電話での受付時間
9:00~18:00

電子メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜 日曜 祝祭日



 


サイト内検索
ウェブ全体から検索