人事制度構築の事例 ポイント制賞与



重本コンサルティングオフィス
人事に関する制度設計、労務管理の実務やトラブル対応へのアドバイス、各種セミナーなどを通じて、
社員のヤル気を高める職場づくりを実現します。

〒152-0001 東京都目黒区中央町2-1-3-401
TEL:03-3793-2507 FAX:03-3793-2507
 
  ポイント制賞与

 ポイント制賞与は、評価等により社員ごとに設定したポイントによって、賞与の支給額を計算する方式で、ポイント式賞与と言ったりもします。計算プロセスは次のようになります。

 ①評価に基づいて社員個々人のポイントを設定
 ②賞与原資÷総ポイント数によりポイント単価を算出
 ③ポイント単価×個々人のポイントにより賞与支給額を算出

 具体例で見ていきましょう。あらかじめ、下記のように賞与ポイント配分テーブルを作成しておきます。ポイント設定の仕方は、上位等級のB評価=下位等級のS評価、上位等級のD評価=下位等級のB評価というイメージです。また、上位等級になるほど、評価によるメリハリをはっきりさせています。

■賞与ポイント配分テーブル

等級

職位

評価

S

A

B

C

D

部長

5.2

4.6

4.0

3.4

2.8

課長

4.0

3.5

3.0

2.5

2.0

係長

2.8

2.4

2.0

1.6

1.2

中堅一般職

1.8

1.6

1.4

1.2

1.0

初級一般職

1.2

1.1

1.0

0.9

0.8

①今期、Ⅴ等級Sさんの評価がB、Ⅲ等級Tさんの評価がA、Ⅰ等級Uさんの評価がCであったとします。そうすると、各人の賞与ポイントは、Sさん⇒4.0、Tさん⇒2.4、Uさん⇒0.9 となり、総ポイント数は7.3となります。
②賞与原資が200万円とすると、ポイント単価は200万円÷7.3≒273,973円(端数切上)となります。
③各人の支給額は次のとおりです。
  Sさん⇒273,973×4.0=1,095,892円
  Tさん⇒273,973×2.4=657,535円
  Uさん⇒273,973×0.9=246,576円

 ポイント制退職金は多くの企業に取り入れられていますが、ポイント制賞与は、まだそれほど普及していません。当初のポイント設定がやっかいといえばやっかいですが、次のようなメリットがありますので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

① 最初に賞与原資を確定できるので、人件費のコントロールをしやすい。
② 高評価者が多数出現しても賞与原資を超えることはないので、評価分布規制をしなくてよく、絶対評価を貫くことができる。
③ 特定部門のポイントを高くする、メリハリを大きくするなど、政策的な設定が容易にできる。